体調不良に伴う大腸検査でビフィーナを使うようになった私

体調不良に伴う大腸検査でビフィーナを使うようになった私

今から1ヶ月くらい前ですが、私は大腸検査を受けました。その理由ですが、ちょっとお腹の具合が悪くなってしまったのですね。いわゆる「下り物」も発生していましたし、お腹の数箇所が痛みを感じていたからです。もしかするとお腹に対して深刻な症状が発生しているのではないかと思い、検査を受ける事になったのですね。それをきっかけに、私はビフィーナという商品を利用するようになりました。

 

体調不良をきっかけに大腸検査を受けた

 

思い起こせば、2ヶ月くらい前の体調不良がきっかけです。ちょっと季節の変わり目だった事もあって、体調がおかしくなってしまったわけです。それで前述の大腸検査を受けに行ったのですが、あれはかなり過酷でした。
何が一番大変だったかと申しますと、当日の下剤です。2リットルくらいある下剤を服用しなければならなかったのですが、その労力はかなりのものでした。4時間くらいかけて2リットルの下剤を飲まなければならなかったので、とにかく労力がかかった覚えがあります。
ただし検査自体は、それほど深刻なものではありませんでした。初めて受ける検査だっただけに少々緊張したのですが、それでも特に痛みを覚えることはなかったのですね。麻酔を使ってくれていたので、何も痛みはなく終了した感じです。
そして私のお腹の中は、一部が赤みを帯びていたのです。ちょっとお腹の状態は、あまり良くないようですね。放置しておくと何か問題が発生する可能性が大なので、大腸に対して気を使う必要がある状況です。

 

ビフィーナのおかげでだいぶお腹の環境が変わってきた

 

ところで私は、前述のビフィーナという商品を使うようになったのですね。ビフィーナの中には、乳酸菌が色々と配合されています。いわゆるアシドフィルスやガセリ菌などが配合されているのですが、それはお腹の中に対してポジティブな効果が見込めるのです。
それを服用するようになってからは、まずお通じがだいぶ変わってきました。今まで以上に排便回数が増えてきているので、まず間違いなく効果が発揮されているのでしょう。
またそれを服用するようになってから、体調不良を覚える頻度も激減してきたように思います。そろそろ季節の変わり目になりつつあるのですが、それでも問題無い状況ですね。
ですので私は、ビフィーナという商品の服用を続けて行こうと思います。このまま続けていけば、恐らく次回の大腸検査で何も問題点が発見される事は無いでしょう。大腸の生活習慣病を予防する為にも、定期的にそれを服用しようと思っている次第です。