腸内環境の改善が見込める断食と主な注意点

腸内環境の改善が見込める断食と主な注意点

腸内環境を良くする為には、食生活は非常に大事ではあります。その逆に、食べないのが良いという意見もあります。
ある方の話ですが、4日間何も食べない方法は腸内環境に良いのだそうです。つまり断食を試みる訳ですね。

 

断食で腸内環境の改善を試みる

 

そもそも人間のお腹の中は、食生活によってちょっと荒れている一面があります。現代人は、食事は豊富に摂取する事は可能ではあります。しかし往々にして過食になりがちなので、腸内環境が悪化してしまう事もあるのだそうです。
そこで、断食を試みる訳ですね。断食を行うとなると、やはり最初の内は大変なのだそうです。今まで多く食べていたのに、それを中断するのは大きなストレスにもなるでしょう。

 

またそれを行うと、ちょっと色々な箇所が痛くなってしまう事もあります。頭や腰が痛くなってしまったり、吐き気を催してしまう事もあるようですね。ただそれは一時的な好転反応でもありますので、心配には及ばないという意見もあります。

 

断食の際に気をつけるべき点

 

そして断食では、腸内環境が良くなっている事例がしばしば見られるようです。ですのでそれを試してみるのも1つの方法なのですが、ちょっと注意するべき点もありますね。
まず1点目ですが、あまり長期間に渡って断食を行わない方が良いでしょう。長時間の断食は身体の色々な箇所に対してダメージを及ぼしてしまう事があるのです。

 

もう1つですが、リバウンドが発生してしまう事があります。断食が終わった後に食べ過ぎてしまって、腸内環境が悪化してしまう事もあります。それで入院してしまう方もいらっしゃるようですね。
つまり断食は腸内環境にはポジティブな効果は見込めますが、注意点もありますので、医師の監視の元でそれを行うのが良いと思います。

 

>参照先:もう悩まない!乳酸菌で花粉症と決別!